八田おすすめ鯛だし茶漬け

本日は春の食材「鯛(タイ)」を活かした、おすすめ鯛だし茶漬けをご紹介いたします。

春の食材「鯛(タイ)」とは?

皆さんも良くご存じだと思いますが、「鯛(タイ)」は昔から縁起のいい食べ物とされています。

調理方法も万能で、姿煮や塩焼き等は見た目も鮮やかで、春を感じさせます。

鯛(タイ)に含まれる栄養と効果

鯛には、良質なたんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、などが含まれます。

多価不飽和脂肪酸のドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)には、血液をサラサラにする働きがあり、良質なタンパク質は、体力、筋力、免疫力を向上させ、代謝活動を促進する働きがあります。

鯛は、脂質が少なくたんぱく質を多く含み、消化吸収もよい魚です。
胃腸があまり丈夫でない方や、生活習慣病が気になる方にもおすすめです。

効果効能

疲労回復、免疫力向上、体力向上、筋力向上、成長促進、動脈硬化の予防

おすすめの食べ方

鯛は本当に万能な食材で、焼く・蒸す・揚げる・鍋物・酢の物・刺身と、和洋中を問わずどんな調理法でもおいしくいただけます。

中でも煮たり蒸したりする調理法は、栄養素の損失が少なくて済みます。

注意点は脂分が少ないため、焼きすぎたりするとパサついたものになる場合があります。

鯛(タイ)の選び方

鯛は養殖もしているので、1年中手に入ります。ですが、旬は3~5月ですので、この時期の鯛は特においしいです。

目が澄んでいて、目の上あたりのウロコが青く光っているものが新鮮です。
養殖の鯛は脂がのっていて美味しいですし、天然の鯛は身が締まっています。

八田おすすめ鯛だし茶漬けのご紹介

焼く・蒸す・揚げるなどどんな調理方法でも美味しく召し上がれる鯛ですが、私の一押しは鯛だし茶漬けです。

鯛だし茶漬けの作り方

作り方はとても簡単!
どんぶりにご飯を適量入れ、鯛の切り身をご飯の上にのせます。
お好みで海苔、あられ、三つ葉などの薬味をのせ、八田の万能だしを注ぎます。
完成です!

万能だしを使うことにより、旨味が染み渡った出汁のきいたお料理がご家庭でも楽しめます。

八田の万能だしはコチラ

Tags: